趣味と仕事の領域

趣味というのは人生に潤いを与えるもので、仕事や家事と並行して行うことによって人の心を豊かにする効果もあります。

仕事のできる人は趣味にも一生懸命だとも言われ、没頭できることを持つことは仕事にもいい影響を与えるということが出来ます。

自分が好きなことから学ぶ知識というのは馬鹿にできないもので、意外なところでそれが役に立ったりします。

趣味の領域については、仕事と両立できるバランスの取れた状態がベストです。

例えば旅行が好きな場合、祝日や祭日を利用していろんな場所を旅することは楽しいです。

しかし夜行バスでの移動など、かなり無理なスケジュールで旅行をし、体力を使い果たした状態で休日が終了するようでは体を壊して平日に会社を休むことにもなりかねません。

こういった状態ではのめり込みすぎといえます。

従ってある程度の節度を持って細く長く興味の持てる状態が最高とも言えます。

サラリーマンで仕事の出張の場合、旅行が好きな人の場合は飛行機や新幹線から眺める車窓が楽しみということもあります。

こういった楽しみは仕事に支障をきたさないのでOKです。

お金の使い方も大事で、余裕のある状態で好きなことを楽しむのがベストです。

借金をするなど、無理して趣味を楽しもうとしても長くは続かないものです。

自分の身の丈にあったお金の使い方をすることが精神的にも一番楽です。

また、趣味によって仲間が出来ることも多いです。

仲間同士の交流も楽しいです。

本業になりやすい趣味とは?

趣味は趣味のままがいい?

趣味に人生をかける人たち