趣味を仕事にした現実

世の中には、好きなことを仕事にしている人がいます。

好きなことをしたくても、なかなかすることができない人たちが多くいるので、そういった人たちにとっては、うらやましいかもしれません。

しかし、だからと言って、楽な仕事をしているわけではありません。

それなりの苦労は当然しているのです。自分の趣味の領域で仕事ができていれば、少々の苦労を伴っても良いのかもしれません。

少々の苦労で嫌になっていたのでは、自分の趣味を否定しているのと同じことなのです。

好きなことで食べていくには、自分で会社を経営するか、自分が好きなことをしている会社を選ばなければなりません。

自分で会社を経営すれば、自分の好きなようにすることができるので、良いかもしれませんが、利益を出さなければ会社を存続していくことができないので大変です。

会社を経営するということは、楽なことではありません。

自分が好きなことをしている会社であれば、自分のやりたいようにやりたくても、上司の指示で動かなければならないので、結果的に好きなことができないという可能性もあります。

会社で働くと言うことは、組織で動かなければならないので、自分の思うようにはいかないのです。

自分の好きなことを仕事にしている人は、多くの苦労をしながらやっているので、決して楽なことではないでしょうが、おもしろく仕事はできるでしょう。

その気持ちが支えているので、長く続けることができるでしょう。

本業になりやすい趣味とは?

趣味は趣味のままがいい?

趣味に人生をかける人たち