趣味は趣味のままがいい?

仕事を選ぶ時には、自分が好きなことの方がやりがいが感じられて、踏ん張りが利き長続きすると考えて、趣味を仕事にすることを選択しようとする人もいるでしょうが、その選択が必ずしも良い結果につながるとは限りませんので、慎重に決断することが大切です。

趣味というのは、自分が好きな時に好きなだけ、自分が思うような形ですることができるから爽快なのであって、ここにルールが設けられたら、自由度は一気に低下し、不完全燃焼になり、最悪ストレスに感じてしまうことがあります。

もっといえば、それが原因で好きだったことが嫌いになってしまったりすることもあります。

ですから、仕事を選ぶ時には、趣味の領域を超えないよう、趣味は趣味のままにしておいた方が良いと考えることもできるものです。

もちろん、こうすることが絶対良いとも言えず、中には持ち前のたくましさで柔軟に乗りきっていくことができるという人もいるでしょう。

仕事にした場合にどういった問題が起こる可能性があるか、それを考えておき、乗り切っていけるかどうか自問自答を繰り返した上で決断することが大切です。

本業になりやすい趣味とは?

趣味は趣味のままがいい?

趣味に人生をかける人たち