趣味に人生をかける人たち

自分の趣味が好きすぎて、人生が大きく変わってしまう人々がいます。

ある方は釣り過ぎが転じて琵琶湖周辺のペンションに住み込みでアルバイトをしながら、プロの釣り師になりました。

また趣味でイラストをネット公開していた方々が、出版社の目に留まり、プロのイラストレーターや作家になるケースも増えてきました。

趣味に人生をかける方と言えば、どこか娯楽に没頭するあまり、私生活を犠牲にするイメージが強いですが、たいていの方々は上手く実生活と娯楽の領域を上手く分けながら普通に暮らしています。

ただ、仕事中も趣味の事で頭がいっぱい、仕事で得たお給料を大好きなゲームやアイドルコンサートにつぎ込む等、やはり少し常人とは変わった金銭感覚を持っている方々が多いのは確かです。

人生の領域の内、半分以上が娯楽の世界になってしまうは危険ですので、割合は最大でも半分程度にしましょう。

またどうせハマるなら、その道のセミプロを目指すのが正しいマニアのあり方です。

単なるアイドルオタクでは浪費家のままですが、その趣向を活かし、評論や感想をブログ等にアップすれば、それで名声や収入が得られるセミプロのアイドル評論家に転身出来ます。

本業になりやすい趣味とは?

趣味は趣味のままがいい?

趣味に人生をかける人たち